品川のM性感がすごい

最近、痴女達のレベルが上がっています。スーパー、飲食店、病院などでの接客・ホスピタリティ精神の向上がこんなところまで波及しているとは、おそるべし「おもてなし」の心! さて、某店舗まで足を伸ばすと内部はオフィス街の一部屋のようなイメージ。基本的にはオフォスラブ的な流れで行くのだろうことが分かりました。実はこの日、生まれて初めて前立腺マッサージを希望していたので、優しめな嬢をお願いしますと伝えて部屋で待っていました。部屋に入ってくると、優しいながらも「仕事ができる系先輩」の嬢がやってきました。まず足をからめてきて、「会社で始めるのってどう? 興奮するでしょ?」と耳にささやきかけてきました。ついで、少しだけ距離を置き、胸をまさぐって「これをどうしたいの?」と語りかけてきました。ああ、これは上物の痴女だと思う間もなく、胸や乳首にかぶりついていました。嬢もなれているようで、胸に集中する溜まっていた私を見事に誘導し、チングリ返しの状態へともっていきました。指にローションが付けられ「ここが気ちイイって知ってる?」とこちらが求めているような台詞を頂戴できました。最初は痛みもありましたが、美女の指で弄られていると思うと、段々感じるようになってきて、あそこがいつもより脈打ちました。そのままチンコを彼女の口の方へ持っていっての変則形フェラで果てました。「気持ちよかったねぇ、いっぱい出せたねぇ」とお褒めの言葉を頂いたので、リピーターになる決意をしました。待っていて下さい、先輩!

サブコンテンツ

このページの先頭へ